Keychron オーダーその後

案の定、Keychronさんからメールが来ましたよ。住所を英語で書けと。そうですよね…。支払いがクレジットカードもOKのようでしたけど、PayPalさん推奨のようなので、PayPalで決済したら、勝手に一分日本語の住所が入ったんですよね。いけるのかな?と思ったら案の定ダメでした><
気を付けましょう。

住所だけ返信してもよかったのかも知れませんが、Google 翻訳で冒頭の挨拶も書いてみました。

I’m sorry to write in Japanese. It is described in English below.

いいんだろうかこんなんで。なんか堅い気もしますが。。
それより Province って何だ。州か。。県でいいかな?しか無いよな。

なお、最後に「よろしくお願いします。」を訳すと…
Thunk You. だそうです。へ~

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。